国立小学校受験のおすすめ教室ランキングTOP5

第1位 伸芽会

  • 様々な名門小学校への合格実績は群を抜いている

  • 人と違うことを認められる土壌を作り出す場所

  • 創立から続く3つの教育理念で子供たちを育てます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

伸芽会に対するみんなの口コミ

名門小学校への合格実績が多数あるところです。その実績に違わず、良い教育を施している印象です。子供たちに無理なく成長させて...
誰もかれもが同じである必要はない、と近年では少しずつ認識されている傾向にありますが、こちらではそれが如実に表れているよう...
自分で考え、学ぶことが出来る場所です。個性を育むというのは最近増えてきていますが、ただ教えられるだけでなく、自分で考える...

これからの世界を生き抜く個性や力を養う

伸芽会は創立してから半世紀が経っています。日本における民間幼児教育の基盤を支えてきました。知力のみを偏重せず、一人一人の個性を開花させるような教育を施し、これからの世界を生き抜く力を生み出します。

第2位 ブロッサム

  • 経験豊富な教師を取り揃え、しっかりとした教育を施せる

  • 模擬試験や講習会も開催し、情報収集できる

  • ホームページ上でオリジナル問題を試すことが出来る

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ブロッサムに対するみんなの口コミ

指導力に定評があるとのことで、お試しとして窺ってみました。確かに教師のみなさんは指導力が高いということを感じさせ、子供た...
名門小学校へ入学するためには願書とか必要な書類がありますが、こちらでは願書の用意、書き方なども教えてくださります。また子...
少人数で纏まったクラスなので、それぞれの子供に対して真摯に指導に当たれる状態にあります。先生はしっかりと子供の個性だけで...

万全のサポート体制で子供たちを教育する

ブロッサムでは万全のサポート体制を以って子供たちを教育します。所属する教師たちと父母との間で報告をやり取りします。教師と子供たちとでは実習、授業を通じてしつけを行い、経験の整理でしっかりと学ばせます。

第3位 ぷらいまりー幼児教室

  • 手を使ったクリエイティブな遊びで作る力を

  • 生活の中で必要とされる行動のおけいこを学ぶ

  • 最新の入試傾向に近いオリジナル問題の模擬試験

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ぷらいまりー幼児教室に対するみんなの口コミ

本番に近しい状態で模擬試験を受けられるため、本番を前にして子供に模擬試験を受けました。おかげでどれだけ成長できたのかをは...
ただ学ぶだけでなく、日常生活において必要なものも学ぶことが出来ます。指先を使ったことも学べるので、とてもいいところです。...
独自の教育方法を取り入れており、それによって健やかな成長が期待できます。経験豊富なスタッフさんがしっかりと指導をし、のび...

有名私立小学校合格を目指す独自の指導方法

ぷらいまりー幼児教室では有名小学校受験に備えてぷらいまりー独自の教材、経験豊富なスタッフによる心の通った授業で、生徒の合格を目指していきます。教材は長年の指導経験に基づいたオリジナル教材を使用します。

第4位 桐杏学園

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

国立小学校受験対策で本物の学ぶ力を養う

国立小受験に向けての準備は、将来に役立つしつけや生活習慣、大学受験まで繋がる学習習慣を身に着ける絶好の機会です。桐杏学園の国立小受験対策は自ら考える本物の学ぶ力を養うことを目指しています。

第5位 理英会

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

ホームページから受験する小学校を確認

理英会ではホームページから各地の小学校に繋がるリンクを掲載しています。小学校受験を考えている人の中で、自分が目標にしている所、または他にもないかと探している人は、ホームページから調べられます。

国立小学校と私立小学校の違い

男の子子供に小学校を受験させようと考えている親御さんの中には、国立小学校にしようか、私立小学校にしようか、迷われている方も多いかもしれません。それぞれどのような違いがあるのでしょうか?
まず、私立小学校は国立や公立の小学校に比べて、学費がとても高いことで知られています。また、私立小学校に通わせた場合、一定条件を満たしている生徒は全員、将来大学までエスカレーター式に進学することができます。それに対し、国立小学校では、高校からはそれぞれ受験をして進学しなければいけません。そのほか、私立小学校と国立小学校は、ともに質の高い教育が受けられますが、国立小学校は特に国の教育研究校であるため、実験的な授業などが行われることもあり、子供にとって様々な経験ができるでしょう。ただし、国立小学校は非常に倍率が高く、公平をきすために受験をできる生徒をまずは抽選で選ぶため、運よくそこをクリアしなければ受験すらできません。そのため、国立小学校を一番に希望していても、念のため私立小学校も一緒に受けておくという場合が多いようです。
国立小学校と私立小学校には少し違いはありますが、子供が伸び伸びと学ぶ環境を与えてあげられるという面では同じでしょう。お子さまに合った小学校を選んであげてくださいね!

国立小学校受験の歴史と傾向

金髪の女の子小学校受験で相変わらず高い人気を誇っているのが国立小学校ですが、そもそも国立小学校とはいつからあるのでしょうか?日本で一番初めにできた国立小学校は、東京の筑波大学付属小学校で、明治6年にできたと言われています。今現在日本にはおよそ72校の国立小学校があります。国立小学校とは、国が教育研究校と定め運営している小学校のことで、実験的な授業が行われたり、レベルの高い教育が受けられることが魅力とされています。そして、そんな国立小学校の人気は非常に高く、受験の倍率は少なくとも10倍以上、特に人気の高い学校では、90倍にも上るそうです。そのため、国立小学校では最初に受験できる生徒を抽選で選ぶことが多く、その抽選から漏れてしまうと受験すらできないことがあります。人気の国立小学校に行くには、子供の能力だけでなく運まで必要になるのですね。また、国立小学校は実際に通い出してからも、塾などに通う生徒が多く、親御さんたちは子供にとって最適な勉強の環境を作ってあげる必要がありそうですね。
国立小学校はやはりいろんな面で人気があり、高い倍率をキープしています。希望者はかなり早くから受験準備に臨んでいるようなので、迷われている方がいたら、なるべく早い段階で受験を決めて準備を始めることをおすすめします!

国立小学校の学費などについて

勉強中とても人気が高く、高倍率をキープしている国立小学校受験ですが、実際に合格して子供を国立小学校に通わせた場合、学費などはどのくらいかかるのでしょうか?
基本的に、国立小学校の学費は、公立小学校と同じで授業料は無料です。教材費や給食費などに追加で費用がかかるのも同じで、その値段はそれぞれの学校がある地域によって多少の差があるでしょう。また、国立小学校では、保護者会や後援会という名の寄付金が必要になったり、修学旅行のお金を多めに積み立てたりすることもあるようです。このように国立小学校では学費が無料な分、多少追加でかかるお金はありますが、年間にすると目安は約20万円程度でしょう。私立小学校のようにとてもお金がかかると思われていた方は驚いたかもしれませんね。ただし、国立小学校の受験のための塾にかかる費用や、通い出してからも塾や習い事などにかかる費用も頭に入れておかなくてはいけないのは、私立小学校と同じ面かもしれませんね。
私立小学校と国立小学校とで、子供をどちらに通わせようか迷っている親御さんで、もしも金銭的な不安があれば、国立小学校をおすすめします。実際に国立小学校に子供を通わせている親御さんが周りにいたら、どのくらいお金がかかるのかなど参考に聞いてみると良いですね!

国立小学校受験を始める時期

オッケーサイン国立小学校の受験はとても人気が高く、合格を夢見る保護者とお子さまはとても早い段階から準備を始めているようです。みなさん具体的には、どのくらいの時期から、どのような準備を始めるのでしょうか?
一般的には子供が年中さんの11月頃から受験の日までの約1年間をかけて、みなさん様々な準備をしていくようです。ペーパー試験にかける勉強時間は家庭によってまちまちで、1日数時間、毎日勉強させたという親御さんもいれば、週に数回しか勉強させなかったという親御さんもいるようです。小さな子供はそれほど集中力も持ちませんので、楽しみながら学べるような工夫を親がしてあげる必要があります。そして、国立小学校受験ではペーパー試験以外にも、グループ行動での協調性を見たり、運動テストでの理解力の確認、面接での受け答えなど、子供がその学校に通うのに適した生徒であるかどうか、あらゆる視点から判断されます。そのような対策は、試験のちょうど1年前に始めて習得するようなものではなく、もっと幼いころからのしつけや生活環境などで自然と身に付くものです。子供の国立小学校受験を考えている親御さんは、早い時期に決断し、家庭の中で自然と試験対策になるような生活を心がけることをおすすめします。国立小学校の受験の対策をしっかりと立てて、学校受験を勝ち抜きましょう!

▲ ページトップへ