国立小学校受験生の両親ができること
2017.07.26

笑顔の女の子子供を国立小学校に受験させようと思っている親御さん。お受験当日は子供が頑張って力を発揮してくれることを祈るばかりですが、それまでの準備期間には、子供が受験の日に向かって走り抜けられるよう、親として精いっぱいのサポートをしてあげたいですよね。では、具体的に国立小学校の受験の対策する子供の両親ができることには、どのようなことがあるのでしょうか?
まずは、早めに子供に小学校受験という道筋を示してあげることです。早い人では、幼稚園の年少さんの頃から、小学校受験の準備を始めるようです。3年近くも期間があれば、子供も親もゆったりとした気持ちで余裕を持って受験準備に臨めますよね。
そして、当然ながら、両親の気持ちが同じ目標に向かって一丸となっていなくては、小学校受験は成功しません。子供に対する教育の方針が一緒であることはとても重要ですし、受験をすると決めたら、家族で子供のサポートをしてあげましょう。小学校受験というのは、その子供の普段の生活環境が背景に透けて見え、それが合否に大きく影響します。穏やかにまっすぐと育てられた子は、受験での行動も素直になりますし、面接官にも良い印象を与えるでしょう。家庭で積極的にお手伝いをさせる、挨拶などの礼儀をきっちんと身に付けさせるなど、子育ての上で基本的なことではありますが、できていない家庭が意外と多いことも事実です。今一度この受験というイベントをきっかけに、家族全員の生活を規則正しく見直してみることも良い結果につながるでしょう。また、国立小学校の受験は塾に子供を通わせて対策する家庭も多いようですね。
そして、もう一つとても大切なことが、子供に色々な経験をさせることです。動物園や遊園地に行ったり、ピクニックやキャンプをしたり、休日を家族で楽しむという感覚でかまいません。自然と触れ合ったり身体を動かしたり、たくさんの人と出会うことは、子供の世界を大きく広げてくれます。子供の、すべての事に対する「なぜ?」という純粋な疑問に、親としてまっすぐ向き合ってあげましょう。
これらの、親として当たり前の事を普段からしてあげられていれば、あとは具体的な試験内容に対するお勉強であったり、面接の練習などを一緒に頑張りましょう。親の方が気張りすぎると、子供は委縮してしまい伸び伸びと学べないかもしれません。国立小学校の受験の教室で子供の良い所が発揮できるように、さりげなくサポートしてあげましょう。「楽しみながら」ということを常に念頭に置いて、子供の意志を尊重してあげながら、受験に向かって家族みんなで突き進むだけです。子供の小学校受験をお考えの親御さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

▲ ページトップへ